令和4年「不動産の一般公開Web講演会」

最新の不動産市場と今後の展望 ─コロナ禍で変化した市場の実態と留意点─

【講師】 ネットワーク88代表 幸田 昌則

幸田 昌則(こうだ まさのり)
福岡県出身。九州大学法学部卒。不動産市況アナリスト。
不動産市況の分析や市況予測を行っており、1990年のバブル崩壊以前の1989年11月に発表した「関西圏から不動産価格が大幅に下落する」が不動産業界に波紋を呼んで以来、長年にわたり、その正確な予測には定評がある。
近年は、高齢化社会の進展、人口減少、様々な格差の拡大、更には、ネット社会の到来が、日本の不動産市場に構造的な変化を与えていると分析。コロナ禍によるデジタル化進展の促進も、不動産業界に急激な変化をもたらしたと指摘している。
的確な市況分析と助言とで、全国に多くの支持者を擁する業界の第一人者。
不動産業の経営、事業・営業戦略のアドバイスなどのほか、企業経営者や土地資産家を対象とした講演も数多い。著書に「アフタ-コロナ時代の不動産の公式」(日本経済新聞出版)ほか、多数。

PROGRAM

1.主催者挨拶
公益社団法人 福岡県不動産鑑定士協会会長 石田 美紀子

2.講演(令和4年2月18日収録)
「最新の不動産市場と今後の展望」
─コロナ禍で変化した市場の実態と留意点─
講師:ネットワーク88 代表 幸田 昌則

ご視聴の際には以下の資料をご利用ください。

3.最近の福岡県の地価動向の概要
公益社団法人 福岡県不動産鑑定士協会副会長 中嶋 裕二

ご視聴の際には以下の資料をご利用ください。


講演会動画

00:00:00 はじめに
00:01:55 会長挨拶
00:04:51 最新の不動産市場と今後の展望
01:25:25 最近の福岡県の地価動向の概要
01:49:26 おわりに


配信期間

令和4年4月1日(金)~令和4年6月30日(木)


2022年3月23日講演会